とばブログ

« « 2021 10月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

カテゴリー一覧

コラム一覧

伊勢志摩国立公園67周年

カテゴリ : 
知る
 2013年11月20日

 昨日、フッと「今日は一体何の日だろう?」と思い立った。

・鉄道電化の日 
・1863年11月19日に米大統領リンカーンがかの有名な
「人民の、人民による、人民のための政治」のゲディスバーグ演説を
行った日だったそうです。
 
さて!
11月20日今日は何の日なのか!
・世界の子どもの日(国連)
・アフリカ工業化の日(国連)
・日本初の競輪開催
 
う~ん…何かこの周辺で何かないのか…ありました!!!
 
伊勢志摩国立公園が昭和21年の今日11月20日に
戦後初の国立公園として指定を受けた日なんだそうです☆
全国13番目の国立公園としてしてを受けました。
 
言わば!お誕生日ですね♪おめでとうございます☆
 
市町区域は、鳥羽市、伊勢市、志摩市、南伊勢町
 
 
瀬戸内海国立公園や西海国立公園などとともに数少ない
海の国立公園。
リアス式海岸を形成し、南海には黒潮が流れ、気候が温暖で、
温暖性の常緑広葉樹や南国に咲く海浜植物などが多く見られます。
 
 
南国の花Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
感じていましたがやはりこの地域は暖かくて過ごしやすいのですね~
 
鳥羽ビジターセンターは訪れる人たちに伊勢志摩国立公園の
自然に触れてもらいたいとの考えから建設されました。
伊勢志摩の自然体験の総合窓口としてリアルタイムな
情報を発信しています。
わからないことや知りたいことはなんでもインフォメーション
(伊勢志摩なんでも相談コーナー)の職員さんの尋ねると
優しく丁寧に教えていただけます。
みなさん鳥羽にお越しの際は「鳥羽ビジターセンター」に
お立ち寄りください。
 
 
現在、玉置さん「遺作展」開催中(12月8日まで)
 
  • 閲覧 (5534)

鳥羽の郷土食「たこ飯」

カテゴリ : 
知る
 2013年11月08日

 伊勢えびを食べて育つ鳥羽の蛸は、旨味が濃く、プリプリとした 食感で地元でも良く食される食材のひとつです。小浜や坂手など、鳥羽市内各地の漁港では、寒くなると足を広げ天日に干された蛸がゆらゆらと軒先でゆれているのを見かけます。 


 生でも茹でても美味しい蛸を入れて炊き上げるたこ飯は、代表的な鳥羽の郷土食です。

 


 

 干したのを戻して入れたり、生のものを入れたりと、レシピも地域家庭によって味もさまざまですが、鳥羽の蛸を使ったたこ飯はどれもこれも自慢の味です。

 

 近年では、郷土料理の魅力を子供たちにも伝えていこうというこで、給食にもたこ飯が出されました。先日津市で開催された全国校給食研究協議会にておいて、三重県学校給食会さんが鳥羽の「たこ飯」給食を紹介してくれました。

 


 

「たこ飯」給食の参考レシピを資料として配布したり、郷土食のマッ プを掲示し、全国から集まった関係者から高い関心を集め、好評を得たとのことでした。

 


 

また、テレビで話題になった今浦朝市でも「たこ飯」が販売されています。今浦地区のお母さんたちが大きな炊飯釜で心を込め作ってくれる海の香りたっぷりのたこ飯は、毎回完売するほど人気商品だそうです。

 

 ごはんの一粒一粒に蛸の旨味がしみ込んだ「たこ飯」、ぜひ鳥羽ご賞味下さい。

 


 
  • 閲覧 (8597)

第二伊勢道路開通記念ウォーク

カテゴリ : 
知る
 2013年09月11日

こんにちは♪


皆さん9月14日(土)に第2伊勢道路が開通されることを

知っている方も多いと思います( ´∀`)


開通を記念して7日(土)にウォーキングイベントが

開催されました!




そこにトパティと遊びに行ってきました(。・ω・。)ノ


他の市町村のゆるキャラたちも!!

そして今回は!!レアなゆるキャラ

その名も~…「ジュジュちゃん」!!!!!




どこのゆるキャラ?と思ったそこのアナタ!!

ジュジュちゃんも鳥羽市のゆるキャラなんですよ!

あまり表にでてこない、おしとやかなジュジュちゃんに比べて

目立ちたがり屋なトパティは(´-ω-`)


私たちも海女さんの格好で参加!!

海女ちゃんブームで私たちも大人気(つω`*)←勘違い




山崎豊成さんのステージ、恵利原早餅つき、

九鬼水軍太鼓、じゃこっぺ踊りなどの

ステージイベントも行われました☆


じゃこっぺ踊りはトパティも一緒になって踊ったんですよ!




たくさんの屋台も出ていてたくさんの方で賑わいました!

開通後は事故等、危険なく皆さんが使用できるといいですね(´ω`*)

いまから開通が待ち遠しいですね♪

 
  • 閲覧 (5186)

フェアリーテイル

カテゴリ : 
知る
 2013年09月05日

9月に入ってからというもの鳥羽の空は

8月とうって変わって雨が降ったりやんだりで、

すっきりしませんが、雨の合間をぬって

久しぶりに城山公園を散歩していると、

白いキノコたちを発見しました。

どうやら西洋では妖精が輪になって踊った跡

”フェアリーテイル”と呼ぶそうです。

見晴らしの良い城山公園で妖精が踊っていたなんて

ちょっと素敵ですよね。

 

それにしてもこのきのこ、いったいなんていう名前なのでしょうか?

ネットでいろいろ調べてみましたが、結局よくわかりませんでした。(>_<)

 

特徴 できはじめは白く傘の下が黒い

    成長とともに傘の色が褐色する

 

 

   傘が開くとふちが少し反り上がる

   傘の大きさは8cm程

 

 

見た目は食欲をそそる色ではありませんが、

できはじめのものは真っ白でかわいい、

白いブナシメジのようにも見えます。

 

このきのこ、食べることができるのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。

  • 閲覧 (4458)

遥か彼方の欧州から海女文化を求めて

カテゴリ : 
知る
 2013年08月30日

 

 先日、石鏡町ではるばるポルトガルから海女の写真を撮りに来たという2人組にお会いしました。
なんでも、「海女文化」に深く興味があり、相差町に宿泊しながら海女のまちを巡って海女さんたちの写真を撮っているそうです。
 
クラウディアさんは映画監督さん、ソニアさんは舞踏家という芸術家のお2人。相差では、片言の日本語と英語と身振り手振りを交えて、宿泊している民宿の若おかみさんや、海女文化資料館のスタッフさん、町内会長さんが手助けをしてくれたとのことで、「みなさん本当に親切で温かい。」と喜んでいました。
 
幸運なことに、石鏡の港ではちょうど休憩を終えて海女漁に出かける海女さんたちに出くわしました。20人はいたでしょうか。
クラウディアさんが
「シャシン、OK?」
と聞きながらカメラを向けると、
「私は写真はきらいやあ。」
「あかんあかん。」
とシャイな海女さんたちでしたが、
結局は
「今から出るとこやで、ちょっとそこの日陰で待っとったらええわ。」「1時過ぎになったら市場へ行くよって、その時ようけ写真とれるに。」
などと、とっても優しいのです。
「こんなしわくちゃな顔撮ってどうするんや~」
と笑う海女さんに、
「You are beautiful. ウツクシイデス。」ときっぱり。
常に自然と対峙し、海に命を預けながら海の恩恵を受けて暮らしを立てている海女さんをとても尊敬しているようでした。
 
来春には、鳥羽・志摩の海女に関するドキュメンタリー映画を撮りたいとのこと。
鳥羽市がユネスコ無形文化遺産登録を目指す海女文化。
後世に引き継ぐべきこの稀有な文化について、世界に発信する良い機会になるかもしれません。
  • 閲覧 (5446)