とばブログ

« « 2021 10月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

カテゴリー一覧

コラム一覧

御潜神事再現

カテゴリ : 
知る
 2013年07月04日

6月29日(土)、鳥羽市国崎町の老の浜で「御潜神事(みかづきしんじ)」の再現が行われました

国崎町では、2000年前から伊勢神宮の神饌(しんせん)として鮑を納め、

「御潜神事」はその鮑を採るため、鳥羽・志摩の各地から大勢の海女が集まり行われていた神事です。

正式な神事は、明治4年(約140年前)に途絶えてしまいましたが、その後、記念事業などで断続的に再現されてきました。

式年遷宮がある今年、海女文化の世界遺産登録を応援するため、改めてこの「御潜神事」の再現が行われることとなりました。

 

午前10時、老の浜にぞくぞくと各地域から海女さんたちが集まってきました。

その数は、なんと93人。

昔ながらの白い磯着に身を包み、磯桶を担いで御潜神事に臨みます。

まずは海に入る前のお祓い。

日差しが暑く、海女さんたちは早く海に入りたそうにしていました。

そして、いよいよ海に鮑採りへ。

さすが現役、準備も手際よく、太鼓の合図で一斉に海に向かいます。

15分程度の鮑採り作業を終え、浜に戻ってきた海女さんたちの手にはしっかりと「鮑」が握られていました。

この海女の作業を3回行うことから「みかづき」神事と呼ばれるそうですが、この日は再現ということもあり、3回目は資源保護をめざし鮑稚貝の記念放流が行われ、12時頃「御潜神事」再現は終了しました。

このような数の現役海女が一堂に集まることは本当に珍しく、大勢のメディアやカメラマンが撮影に訪れていました。

神宮と深いつながりのある国崎の「鮑」、そしてそれを採る伝統的な「海女」。

どちらも、ずっと守っていきたい鳥羽の宝です。

  • 閲覧 (6417)

市営安楽島海水浴場海開き&安全祈願祭

カテゴリ : 
知る
 2013年07月03日

7月1日、当日は晴天の空の下、市営安楽島海水浴場の海開き

開設期間中の安全祈願を行いました。

次に地元の安楽島保育所の園児約30名が太鼓や踊りを

披露してくれました。

樽を交代でたたきながら踊る「空海(そらうみ)大太鼓」と

鳥羽の踊りの定番「鳥羽物語」の2曲を元気にかわいらしく

踊ってくれました。

 

その後安楽島保育所では、海開きの様子をこんな感じで

わかりやすく保育所の玄関に貼り出してPRしてくれていました。

  

市営安楽島海水浴場は平成22年に更衣室やシャワー室などの

管理棟が新設されています。

そして、5月に行った水質検査では最も水質良い「AA」の評価を

得ており、安全で快適な海水浴場となっています。

 

 海水浴場の開設期間は7月1日から8月31日(土)まで。

 

ぜひみなさんお越しください!

  • 閲覧 (6914)

初夏のおとずれ「枇杷/びわ」

カテゴリ : 
知る
 2013年06月25日

今が旬の「枇杷/びわ」

最も食べ頃の時期は、初夏の5月~6月だそうです。

 

私が小さい頃は、よくあちこちの庭先で見かけたように思うが。。。

今は痛みやすいことなどから高級果実として扱われるそうですよ☆

私の実家の裏庭にもびわが当たり前のようにあって

学校から帰ると兄弟でよく取り合いをしたなぁ~なんて懐かしむも。。。

結局!ケンカに発展のパターンで終わったことも思い出す(==)笑

 

びわの栽培は「寒さとの戦い」

びわは寒さに弱く、温暖な地方でしか栽培されないそうなのだとか!

全国1位の生産量を誇るのが「長崎県」なのもナットク☆

 

びわの豆知識

びわといえば!!!「疲労回復」なのだとか!!!

注目成分ファイトケミカルやポリフェノール、クロロゲン酸には

活性酸素を取り除く抗酸化作用もあり、ストレスや紫外線での

疲労回復にも効果的だそうですよ☆

 

紫外線の影響が強いといわれるこの時期に

「びわ」が旬なのもナットクですね(^0^)♪

 

そういえばんみなさん!

市役所の裏玄関側にびわがたわわに実っているのを知ってますか?!

 

それはもう!!!たくさん実をつけてるんです!!!

では、早速!紫外線が気になるお年頃ですので(笑)

食べようかと。。。

 

って!えぇぇぇ~~~Σ(=ω=;)

 

そうなんです!

こんな手の届かないところに。。。

実り放題の何年もみる このびわの木

お日さまをたくさん浴びている このびわの木

 

美味しいのかどうかは。。。

 

でもこの木にびわが実ると夏がきたんだなぁ~

初夏のおとずれを感じてます☆

  • 閲覧 (4918)

真珠のようにきらり輝く鳥羽(まち)

カテゴリ : 
知る
 2013年06月20日

 

鳥羽は、養殖真珠発祥の地として世界にその名を知られています。

発祥の地である、ミキモト真珠島では、真珠にまつわる展示や養殖真珠の成り立ちなどが学べるほ

か、ミキモトパールを購入できるショップもあり、観光客の方々に楽しんでいただいています。

また、市内にはカジュアルなものから、豪華なものまで取り揃えた真珠販売店さんもたくさん並
 
び、真珠のまち、鳥羽をいろどります。
 
 鳥羽市議会では、6月議会を「真珠議会」と制定し、議員、職員に関わらず議会に出席するメンバー
 
 が全員、真珠製品を身につけ、「真珠のようにきらり輝く鳥羽(まち)」をPRしています。
 
 
真珠議会が制定され3年目を迎える今年は、百五銀行さんで「真珠週間」が始まったそうです。
 
鳥羽市、志摩市の7支店1出張所で、窓口業務のスタッフさんを中心にネックレスや、ネクタイピン
 
などの真珠製品をつけて接客することになりました。特産品である真珠を身につけて来客にPRし、
 
なおかつ銀行スタッフさんにも自覚をうながすための週間だということです。
 
※新聞にも掲載されました。
 
 
鳥羽市観光課でも、職員は毎日真珠製品をひとつ身につけて業務にあたります。
 
 
 
 
小さな小さなことですが、一人ひとりの心がけで、職場がきらりと輝きます。
 
鳥羽市のいろいろな職場で、この小さな取り組みが根付いていくと嬉しいですね。
  • 閲覧 (5075)

樹木の花

カテゴリ : 
知る
 2013年06月19日

梅雨だというのに雨も降らずまるで夏のような日差しですね。

そんな初夏に車を走らせながらふと道路沿いの木々に目をやると、緑の葉の上に白いもやもやしたものを見ることができます。

これはおそらくミズキの仲間かと思われます。
ミズキは春先に木や幹を切ると水がしたたるほど樹液が多いことからついた名前だそうです。ミズキの特徴は階段状に枝が広がるそうなのでこれはミズキとは違うのかもしれません。


 

こちらはアカメガシワの仲間
新芽は赤くてんぷらなどで食べることができ、整腸作用、精神安定などの効果もあるそうです。


 

栗の仲間
白く長く見えるのは雄の花、雌の花は葉の付け根あたりに小さく咲くため目立ちません。
もうしばらくすると雄の花が茶色くなり落ちてしまいます。


 

春の桜や秋の紅葉のような華やかさはありませんが、次の世代へ命をつなぐこの樹木たちの花の見ごろはまさに「今でしょ」

山の緑は目にも優しいそうです。皆さんも目を休めるため少し見上げてみませんか。

 

 

 

 

  • 閲覧 (9642)