知る

戻る

  • images/13-uramura-08-1.jpg

  • images/13-uramura-08-2.jpg

しらはまかいづか

  • 白浜貝塚

  • 浦村
  • 歴史

浦村町白浜にある貝塚で、遺跡は海が前面に広がり、背後には山が迫る狭い海辺の一角に営まれた小集落の跡で、竪穴住居と貝塚から構成されている。この集落で暮らした人々は、内湾に棲む魚貝や、時には外洋性のマグロ、イルカ、サメなどを漁労の対象とし、背後の山ではシカ、イノシシなどの獣類を捕らえて食料としていた。その骨や皮は、日常生活の必需品をつくる貴重な材料となった。

白浜海岸集落の中心は、弥生中期から古墳前期で、奈良平安時代まで断続して続いたと思われる。この遺跡からは、銅鐸を始め、銅鏃や鹿の骨や角を使った釣針やヤジリなどの骨角器が多数出土している。