知る

戻る

光岳寺

こうがくじ

  • 光岳寺

  • 鳥羽
  • 神社・仏閣

曹洞宗。正保元年(1644)稲垣重種によって、三河国刈屋村に創建されたもので、享保11年(1726)稲垣昭賢が鳥羽城主となり当地に移された。稲垣家累代の菩提寺で、歴代の位牌がある。稲垣長明、長行、長敬は本寺の境内が狭いため、常安寺の境内の一部を借りて葬っている。境内には稲垣家の霊廟があり、市の文化財に指定されている。本堂の他、総門、鎮守堂などがある。また、稲垣家の家臣であった「荒井十内」「鷹羽龍年」「小浜撲助」等、鳥羽藩に名の残る家臣の墓が多く残されている。他に市の指定文化財である「日本丸の板戸絵」がある。本尊は千手観音菩薩座像。