知る

戻る

  • images/cn2_20140220151249.jpg

  • 讃岐金刀比羅宮鳥羽分社

    images/p-01-kotohira.jpg

    讃岐金刀比羅宮鳥羽分社
  • 讃岐金刀比羅宮鳥羽分社

    images/p-01-kotohira2.jpg

    讃岐金刀比羅宮鳥羽分社

ことひらぐうとばぶんしゃ

  • 金刀比羅宮鳥羽分社

  • 鳥羽
  • 神社・仏閣

鳥羽湾を一望できる樋の山公園の一隅にあるこの神社は、漁業・海運関係者から厚い信仰を集めている。また、ここからの眺望はすばらしく、春には淡い桜の花が辺りを飾り、花越しに見る鳥羽湾の風景は、多くの人に愛され、名所のひとつになっている。

讃岐金刀比羅宮鳥羽分社は香川県の讃岐金刀比羅宮の6分社の1つで,昭和31年(1956)に創祀された。現在も四国金刀比羅本宮の分社として宮司が派遣されている。
鳥羽の「みなとまつり」の日が讃岐金刀比羅宮の例大祭で,行宮祭(あんぐうさい:仮の拝殿で神事を行う形)や紅白で飾られた船を連ねての海上渡御等の神事が行われる。